カテゴリー:12, FON

Search




TOPページへ

このブログのフィードを取得
[フィードとは]

Powered by
Movable Type 4.23-ja

template by tokyobuddha

 ■■■■■免 責■■■■■
このサイトを参考にしたために発生した一切の損害に「てきとー管理者」は一切関知しませんし、補償もしません。 また、本サイトの記述が正しいことも保証しません。
自己責任にてお願いします。
 -------------------------

Galler Chocolate
ベルギー王室御用達として認定されたチョコレートブランド、ガレー。

FON2405E 入手

業務委託を受けている会社のスタッフから
「これ〜 いりますか? iPhone買ったら貰ったんですけど、自宅に無線ルーターあるので〜」

って事で、遠慮無く貰いましたw

さて、どうやって遊びましょうか〜

投稿時間: 23:59

FON LA FONERA 2.0  (ラ・フォネラ2.0)  が届いた!

本日、FON LA FONERA 2.0が届きました。
先ずは記念撮影

fon2.0本体

投稿時間: 13:26

FON LA FONERA 2.0  (ラ・フォネラ2.0)  買ってしまった!

FONからメールが来てた。
2.0が6月25日に発売になるらしい。
期間限定で、割引にもなるらしい。
USBがついて、プラグインで色々な事が出来るらしい~
これは、欲しい!

SheevaPlugがまだ届かないというのに、amazonでぷちっ!

あ~ぁ また散財

※FONは合計4台目 w

投稿時間: 02:38

Buffalo WLI-TX4-G54HP にDD-WRTを入れてみる

先日、DD-WRT化したFONをリビングに設置し無線環境を利用しているが、たまにアクセスが出来ない・アクセスが遅い等の不具合が出ている。
FONを再起動させると、快適に動作し始める。
しかし、しばらくすると同じ現象になってしまう。

DD-WRTも問題なのか、FONの発熱の問題なのか、先日導入したPLCも問題なのか明確になっていない。

PLCにPCを直結すれば、何の問題も無い。
しばらく通信していても全くストレスを感じないくらい快適に利用できる。

っと、言うことはFONの何か?に問題がある。
通信速度の遅さも気になるので、何か良い方法が無いかとGoogle先生に聞いてみた。

すると、知り合いから貰ってTESTにしか使っていなかった「Buffalo WLI-TX4-G54HP」がDD-WRTに対応していることが解った。

PLCを導入してしまったので、無線子機としての利用は考えていない。
っと言うことは使い道が無いということで、早速DD-WRT化を実行することにした。

Buffalo WLI-TX4-G54HPのDD-WRT化の方法を検索してみると、以外に簡単にDD-WRT化出来るらしい。

調べた方法としては2つ

1、ddadderと言うTOOLを利用して、ファームの書き換え
2、起動時一定期間のみtftpを受け付ける。その方法を利用して強制的にファームを送りつける。

「1」が非常に簡単と思い、試してみたがERRORが出てしまい書き換えできない。
何度行っても駄目!

仕方が無く「2」のtftpを試してみた。

WLI-TX4-G54HPは起動時の一定期間のみtftpを受け付ける。
んで、WLI-TX4-G54HPの初期化後のIPは「1.1.1.1」になっている。

PCとWLI-TX4-G54HPをLANで繋ぎ、PCのIPを「1.1.1.2」に変更し、tftpコマンドを打ってみた。
tftp -i 1.1.1.1 PUT dd-wrt.v24_std_generic.bin

うまく動いたみたい。
それも一発で~


投稿時間: 03:49

DD-WRTのFON

週末に宅内LANにPLCを導入し、リビングにDD-WRT化したFONを置いて安定通信するようになった。
しかし、スピードが遅くなったような気がする。

そこで、今まで使っていた無線LAN機器とDD-WRT化したFONのベンチ対決を行った。
今までの機器は従来どおり寝室に置いたまま。
電波は40%程度だが、25~30Mが確実に出ている。
DD-WRT化したFONは電波95%以上にも関わらず、5~7M程度しか出ない。
FONが原因なのか、PLCが原因なのかを確認したが、PLCに直結すると、30M以上は確実に出ている。
やはり、原因はFONのようだ~

電波は安定し、切れることはなくなったので良いのだが、動画系コンテンツを見ているとちょっと重たく感じるときがある。
また、我が家のNETピーク時(20時から23時)は最低3台のPCが稼動しているw

そのときはめちゃめちゃ遅くなり、表示jが遅くなるときがある。

FON程度のスペックでは、こちらが想定するスピードが得られないのかもしれない。

っとなると~ DD-WRT化できる高スペックは無線ルータを購入しなければならない・・・・

投稿時間: 19:12

宅内LANにPLC導入

最近、無線LANの電波が弱くなるときがある。
仕事していると、頻繁に切れるため効率も悪い。
また、サーバに接続していて途中で切れると都合の悪いこともある。

各機器は寝室に設置しているので、どうしても障害物の関係で切れやすくなる。
また、近所から宅内無線LANより強力な電波を出すものがあるらしく、それも切れやすい原因になっているようだ。

そこで、宅内の電源をLANとして活用できる「PLC」を導入して、無線LAN機器をリビングまで持ってくる計画を立てた。

早速、ヨドバシまで出かけ機器の設定を行った。

価格や機能を検討した結果、BL-PA204KT(PLCアダプタースタートパックプラグインタイプ)を選んでみた。
その先に付ける無線APはDD-WRTを導入したFonera 2201。

取り付けは、非常に簡単。

コンセントに挿すだけ!

4ポートがついてる機器をリビングに設置し、余ったポートにTV(ブラビア)とPS3を繋げた。

これで、インターネットを最大限に活用できる。


投稿時間: 22:22

FONにSDを読み込ませる

新年明けましておめでとうございます。

今年も波乱の1年になるような気もしますが、気を抜かずがんばって行きましょう!!


新年1発目の書き込みは「FON」ネタです。

先日新しいファームをインストールしたが、イマイチ動作がおかしい。
使えるはずのコマンドが使えなかったり・・・
もしかしてインストールの失敗???

慣れるまでは情報の多い古いファームウェア7.09を使ってみるということで、再インストールを行いSDカードを認識させた。
すべて日経Linux12月号を参考に構築した。
SDカードの配線に一部誤記があるようだが、他のサイトで情報入手済みだったので、スムーズに作業が出来ました。

自宅のメインマシン(CentOS5.2)でクロスコンパイルしOpenWrtの再ビルド成功。
マイクロSDの1GBの容量をroot領域として使えるようにもなった。

でも、このマシンを何に使うか決めていない~(^^ゞ

※ビルドしたイメージです。
openwrt-atheros-2.6-root.squashfs
openwrt-atheros-2.6-vmlinux.lzma

投稿時間: 21:36

OpenWrt 8.09_RC1 がまともに動かない!!

年の瀬と言うのに、暇つぶしにFONいじり
先日8.09_RC1 とインストールして色々試してみたが、使えないコマンドがあるようだ。
UPDATEを行うための「ipkg」すらも使えない・・・^^;

とりあえず、古いファームで遊んでみよう

投稿時間: 17:34

LA FONERA 2100のOpenWrt化 8.09_RC1

調子にのって「8.09_RC1」にしてみた。

覚えてしまえば簡単なもの・・・

投稿時間: 09:12

LA FONERA 2100のOpenWrt化

日経Linux12月号に出ていた方法でOpenWrt化を行ってみた。

2100なので、作業はシリアルケーブルにて行う必要がある。
玄箱Proの時に作成していたので、簡単に接続できた。
※玄箱ProとLA FONERA 2100では接続順番が違うので、配線を若干変えて使った。

以下、シリアル接続での作業内容。

==============================================================
+PHY ID is 0022:5521
Ethernet eth0: MAC address 00:18:84:28:c8:24
IP: 0.0.0.0/255.255.255.255, Gateway: 0.0.0.0
Default server: 0.0.0.0

RedBoot(tm) bootstrap and debug environment [ROMRAM]
Non-certified release, version v1.3.0 - built 16:57:58, Aug 7 2006

Copyright (C) 2000, 2001, 2002, 2003, 2004 Red Hat, Inc.

Board: ap51
RAM: 0x80000000-0x81000000, [0x80040450-0x80fe1000] available
FLASH: 0xa8000000 - 0xa87f0000, 128 blocks of 0x00010000 bytes each.
== Executing boot script in 1.000 seconds - enter ^C to abort
^C ← [Ctrl]+[c]
RedBoot>
RedBoot> ip_address -l 192.168.1.1/24 -h 192.168.1.2
IP: 192.168.1.1/255.255.255.0, Gateway: 0.0.0.0
Default server: 192.168.1.2
RedBoot> fis init
About to initialize [format] FLASH image system - continue (y/n)? y
*** Initialize FLASH Image System
... Erase from 0xa87e0000-0xa87f0000: .
... Program from 0x80ff0000-0x81000000 at 0xa87e0000: .
RedBoot> load -r -b 0x80041000 openwrt-atheros-2.6-root.squashfs
Using default protocol (TFTP)
Raw file loaded 0x80041000-0x80160fff, assumed entry at 0x80041000
RedBoot> fis create -l 0x06F0000 rootfs
... Erase from 0xa8030000-0xa8720000: ...............................................................................................................
... Program from 0x80041000-0x80161000 at 0xa8030000: ..................
... Erase from 0xa87e0000-0xa87f0000: .
... Program from 0x80ff0000-0x81000000 at 0xa87e0000: .
RedBoot> load -r -b 0x80041000 openwrt-atheros-2.6-vmlinux.lzma
Using default protocol (TFTP)
Raw file loaded 0x80041000-0x80100fff, assumed entry at 0x80041000
RedBoot> fis create -r 0x80041000 -e 0x80041000 vmlinux.bin.l7
... Erase from 0xa8720000-0xa87e0000: ............
... Program from 0x80041000-0x80101000 at 0xa8720000: ............
... Erase from 0xa87e0000-0xa87f0000: .
... Program from 0x80ff0000-0x81000000 at 0xa87e0000: .
RedBoot> fconfig
Run script at boot: true
Boot script:
.. fis load -l vmlinux.bin.l7
.. exec
Enter script, terminate with empty line
>> ← エンター
Boot script timeout (1000ms resolution): 1
Use BOOTP for network configuration: false
Gateway IP address:
Local IP address:
Local IP address mask: 255.255.255.255
Default server IP address:
Console baud rate: 9600
GDB connection port: 9000
Force console for special debug messages: false
Network debug at boot time: false
Update RedBoot non-volatile configuration - continue (y/n)?
RedBoot> reset
+PHY ID is 0022:5521
Ethernet eth0: MAC address 00:18:84:28:c8:24
IP: 0.0.0.0/255.255.255.255, Gateway: 0.0.0.0
Default server: 0.0.0.0

RedBoot(tm) bootstrap and debug environment [ROMRAM]
Non-certified release, version v1.3.0 - built 16:57:58, Aug 7 2006

Copyright (C) 2000, 2001, 2002, 2003, 2004 Red Hat, Inc.

Board: ap51
RAM: 0x80000000-0x81000000, [0x80040450-0x80fe1000] available
FLASH: 0xa8000000 - 0xa87f0000, 128 blocks of 0x00010000 bytes each.
== Executing boot script in 1.000 seconds - enter ^C to abort
RedBoot> fis load -l vmlinux.bin.l7
Image loaded from 0x80041000-0x80290085
RedBoot> exec
Now booting linux kernel:
Base address 0x80030000 Entry 0x80041000
Cmdline :
Linux version 2.6.21.5 (nbd@ds10) (gcc version 4.1.2) #2 Sun Sep 30 20:16:16 CEST 2007
CPU revision is: 00019064
Determined physical RAM map:
memory: 01000000 @ 00000000 (usable)
Initrd not found or empty - disabling initrd
Built 1 zonelists. Total pages: 4064
Kernel command line: console=ttyS0,9600 rootfstype=squashfs,jffs2 init=/etc/preinit
Primary instruction cache 16kB, physically tagged, 4-way, linesize 16 bytes.
Primary data cache 16kB, 4-way, linesize 16 bytes.
Synthesized TLB refill handler (20 instructions).
Synthesized TLB load handler fastpath (32 instructions).
Synthesized TLB store handler fastpath (32 instructions).
Synthesized TLB modify handler fastpath (31 instructions).
PID hash table entries: 64 (order: 6, 256 bytes)
Using 92.000 MHz high precision timer.
Dentry cache hash table entries: 2048 (order: 1, 8192 bytes)
Inode-cache hash table entries: 1024 (order: 0, 4096 bytes)
Memory: 13504k/16384k available (1955k kernel code, 2880k reserved, 292k data, 116k init, 0k highmem)
Mount-cache hash table entries: 512
NET: Registered protocol family 16
Radio config found at offset 0xf8(0x1f8)
Time: MIPS clocksource has been installed.
NET: Registered protocol family 2
IP route cache hash table entries: 1024 (order: 0, 4096 bytes)
TCP established hash table entries: 512 (order: 0, 4096 bytes)
TCP bind hash table entries: 512 (order: -1, 2048 bytes)
TCP: Hash tables configured (established 512 bind 512)
TCP reno registered
squashfs: version 3.0 (2006/03/15) Phillip Lougher
Registering mini_fo version $Id$
JFFS2 version 2.2. (NAND) (C) 2001-2006 Red Hat, Inc.
io scheduler noop registered
io scheduler deadline registered (default)
Serial: 8250/16550 driver $Revision: 1.90 $ 1 ports, IRQ sharing disabled
serial8250: ttyS0 at MMIO 0xb1100003 (irq = 37) is a 16550A
eth0: Dropping NETIF_F_SG since no checksum feature.
eth0: Atheros AR231x: 00:18:84:28:c8:24, irq 4
cmdlinepart partition parsing not available
Searching for RedBoot partition table in spiflash at offset 0x7d0000
Searching for RedBoot partition table in spiflash at offset 0x7e0000
5 RedBoot partitions found on MTD device spiflash
Creating 5 MTD partitions on "spiflash":
0x00000000-0x00030000 : "RedBoot"
0x00030000-0x00720000 : "rootfs"
0x00130000-0x00720000 : "rootfs_data"
0x00720000-0x007e0000 : "vmlinux.bin.l7"
0x007e0000-0x007ef000 : "FIS directory"
0x007ef000-0x007f0000 : "RedBoot config"
nf_conntrack version 0.5.0 (128 buckets, 1024 max)
ip_tables: (C) 2000-2006 Netfilter Core Team
TCP vegas registered
NET: Registered protocol family 1
NET: Registered protocol family 17
802.1Q VLAN Support v1.8 Ben Greear
All bugs added by David S. Miller
VFS: Mounted root (squashfs filesystem) readonly.
Freeing unused kernel memory: 116k freed
eth0: Configuring MAC for full duplex
Warning: unable to open an initial console.
Algorithmics/MIPS FPU Emulator v1.5
- preinit -
jffs2 not ready yet; using ramdisk
mini_fo: using base directory: /
mini_fo: using storage directory: /tmp/root
- init -
init started: BusyBox v1.4.2 (2007-09-29 07:21:40 CEST) multi-call binary

Please press Enter to activate this console. device eth0 entered promiscuous mode
br-lan: port 1(eth0) entering learning state
br-lan: topology change detected, propagating
br-lan: port 1(eth0) entering forwarding state
PPP generic driver version 2.4.2
wlan: 0.8.4.2 (svn r2568)
ath_hal: module license 'Proprietary' taints kernel.
ath_hal: 0.9.30.13 (AR5212, AR5312, RF2316, TX_DESC_SWAP)
ath_rate_minstrel: Minstrel automatic rate control algorithm 1.2 (svn r2568)
ath_rate_minstrel: look around rate set to 10%
ath_rate_minstrel: EWMA rolloff level set to 75%
ath_rate_minstrel: max segment size in the mrr set to 6000 us
wlan: mac acl policy registered
ath_ahb: 0.9.4.5 (svn r2568)
ath_pci: switching rfkill capability off
ath_pci: switching per-packet transmit power control off
wifi0: 11b rates: 1Mbps 2Mbps 5.5Mbps 11Mbps
wifi0: 11g rates: 1Mbps 2Mbps 5.5Mbps 11Mbps 6Mbps 9Mbps 12Mbps 18Mbps 24Mbps 36Mbps 48Mbps 54Mbps
wifi0: H/W encryption support: WEP AES AES_CCM TKIP
wifi0: mac 11.0 phy 4.8 radio 7.0
wifi0: Use hw queue 1 for WME_AC_BE traffic
wifi0: Use hw queue 0 for WME_AC_BK traffic
wifi0: Use hw queue 2 for WME_AC_VI traffic
wifi0: Use hw queue 3 for WME_AC_VO traffic
wifi0: Use hw queue 8 for CAB traffic
wifi0: Use hw queue 9 for beacons
wifi0: Atheros 2315 WiSoC: mem=0xb0000000, irq=3
jffs2_scan_eraseblock(): End of filesystem marker found at 0x0
jffs2_build_filesystem(): unlocking the mtd device... done.
jffs2_build_filesystem(): erasing all blocks after the end marker... done.
mini_fo: using base directory: /
mini_fo: using storage directory: /jffs

BusyBox v1.4.2 (2007-09-29 07:21:40 CEST) Built-in shell (ash)
Enter 'help' for a list of built-in commands.

_______ ________ __
| |.-----.-----.-----.| | | |.----.| |_
| - || _ | -__| || | | || _|| _|
|_______|| __|_____|__|__||________||__| |____|
|__| W I R E L E S S F R E E D O M
KAMIKAZE (7.09) -----------------------------------
* 10 oz Vodka Shake well with ice and strain
* 10 oz Triple sec mixture into 10 shot glasses.
* 10 oz lime juice Salute!
---------------------------------------------------
root@OpenWrt:/#
==============================================================

上記のログで太文字部分だけ打ち込んだだけ・・・・

簡単だね。

投稿時間: 22:46

LA FONERA 2100 の購入

本日、仕事の帰りに、秋葉のヨドバシで LA FONERA 2100 を調達した。

もちろん冬の工作のOpenWrt+SDカードの準備です。

投稿時間: 23:43

FONが増えてね~?

最近思うのだが、FONユーザーが増えてるように思う。

都内の喫茶店に入れば、ほとんどFONにつなげられる。
これは非常に便利。

ライブドアの無線LANも使えるので非常に助かりますね。

ところで、最近FONにSDカードを取り付けるカスタマイズが流行ってる?らしい・・・
我が家で持っているFONERA+では難しいらしく、ノーマル版のFONERAが良いらしい。

2,000円弱で購入できるのも魅力。

簡単なWEBサーバに使えれば、無音サーバとして使える。

ん~ 冬休みの工作に挑戦してみようかな~

投稿時間: 23:59

LA FONERA+のDD-WRT化

DELL SC420の不具合で、LA FONERA+を触ることが出来なかった~
やっと落ち着いたので、LA FONERA+のDD-WRT化することにした。

先日発売された「日経Linux」に「無線LANルーター改造法」が出ていた。(旬だね~w)

早速購入して、書き換え開始。

「日経Linux」の記事によると、ちょっとした準備で数行のコマンドを打ち込むだけでDD-WRT化が出来ると書いてある。
コレはいいね~
ハードの改造なしで、DD-WRT化できれば、こんな楽なことは無い。
早速手順どおりに作業する。

FON用のDD-WRTファームを取ってきて、作業PCの環境も整える。

記事通りに作業するが、コマンドを打ち込むところで止まってしまい応答が無い。
以下、作業内容。

=========================================================
RedBoot> ip_address -l 192.168.1.1/24 -h 192.168.1.2 「エンター」
RedBoot> fis init 「エンター」
 :
 :
About to initialize [format] FLASH image system continue (y/n) y 「エンター」
RedBoot> load -r -v -b 0x80041000 linux.bin 「エンター」
 :
 :
 :
RedBoot> fis create linux 「エンター」  ← ここで止まって、応答なし。
=========================================================

何度やっても、同じところで止まってしまう。
ここは、Google先生に調べてもらおう~

何々・・・・ 途中で反応が無くても、じっくり我慢。
       反応が返ってくるまで触らず、じっと我慢の子で居てほしい~~ なんて事が書いてある。

人によっては「5分」とか「10分」とか・・・・
場合によっては「20分」と書いてあるところもあった。

コレは待つしかないな~
再度作業してみる。

=========================================================
RedBoot> ip_address -l 192.168.1.1/24 -h 192.168.1.2 「エンター」
RedBoot> fis init 「エンター」
 :
 :
About to initialize [format] FLASH image system continue (y/n) y 「エンター」
RedBoot> load -r -v -b 0x80041000 linux.bin 「エンター」
 :
 :
 :
RedBoot> fis create linux 「エンター」
 :
 :
 :
5分経過~
 :
 :
 :
10分経過~
 :
 : イラ・・・
 :
15分経過~
 :
 : イライラ・・・
 :
20分経過~
 :
 : イライライラ・・・
 :
もう我慢できない!
っとエンターを押すと、セッションが切れて落ちやがる。
=========================================================

何度やっても、駄目。
もしかして、壊してしまったのか?
糞~ 意地でも入れてやる!

=========================================================
RedBoot> ip_address -l 192.168.1.1/24 -h 192.168.1.2 「エンター」
RedBoot> fis init 「エンター」
 :
 :
About to initialize [format] FLASH image system continue (y/n) y 「エンター」
RedBoot> load -r -v -b 0x80041000 linux.bin 「エンター」
 :
 :
 :
RedBoot> fis create linux 「エンター」
 :
 :
 :
5分経過~
 :
 :
 :
10分経過~
 :
 : イラ・・・
 :
15分経過~
 :
 : イライラ・・・
 :
20分経過~
 :
 : イライライラ・・・
 :
25分経過~
 :
 : 駄目なのか?
 :
30分経過~
 :
RedBoot>  ← キタ~~~。
=========================================================

お~ 30分ちょっと経過したところで「RedBoot> 」が出てきた!
何処にも30分待てとは書いてないぞ!
こんなに待つのであれば、どこかに書いてあるだろう~
なんで?

って思いながら、作業の継続。

=========================================================
RedBoot> fconfig 「エンター」
 :
 : 次の行が出るまでエンターを押しまくる
 :
>> fis load -l linux 「エンター」
>> exec 「エンター」
>>  「エンター」
 :
 : 次の行が出るまでエンターを押しまくる
 :
Update RedBoot non-volatile configuration - continue (y/n)? y
RedBoot> reset
=========================================================

「reset」を打ち込んだところで、作業は終了。
本体のLEDが消灯・点灯を繰り返す。

しばらくしたら「http://192.168.1.1」へブラウザでアクセス。

お~~ 念願のDD-WRTの画面がキターーーーーー。

投稿時間: 16:45

2代目のLA FONERA+とラ・フォンテナが届いた。

今日、2代目のLA FONERA+とラ・フォンテナが届いた。
時間の関係で、DD-WRT化することが出来ない。
しばらくは手を出せない感じ・・・・・。

ところで、今回新調したラ・フォンテナ(指向性アンテナ)だが、箱を開けてみてビックリ。
思った以上にデカイ!

笑ってしまった~

投稿時間: 14:03

もう一台FON(LA FONERA+)を購入

馬鹿だと言われても、買ってしまったものは仕方がない・・・
最初に購入したLA FONERA+は「素」のまま利用。

今回購入したLA FONERA+は「お遊び用」で「DD-WRT」をインストールする予定。
ついでに、指向性のアンテナ「ラ・フォンテナ」も合わせて購入。

そんなにルータばかり持っていても仕方が無いが、遊び&学習用と言うことで~

投稿時間: 00:36

LA FONERA+ と WLI-TX4-G54HP(子機)の接続

「LA FONERA+ 」のファームは標準のままで「WLI-TX4-G54HP」に接続してみた。
何の問題も無く接続完了。
※やはり、宅内のルータ「Planex BRC-W14VG-BT」とは相性の問題らしい・・・

家の端と端に設置した状態でも、平均10Mは出る。
電波も安定していて、非常に快適だ。

PCの無線で接続するより安定しているかも~
コレなら、安定してSONYブラビアF1(40)もネットに接続できるようになるな。

次は、「LA FONERA+」をDD-WRTのファームに書き換えて遊んでみよう。

投稿時間: 20:57

LA FONERA+ が届いた

本日、商品が届いた。

早速設定に入りたいが、先ずは素のままで設定してみた。
この「LA FONERA+ 」は無線信号が2つあるらしい。
1つは、ローカル用。
もう一つは、Wi-Fiコミュニティ用に公開される無線。
Fonの会員同士が、Wi-Fiを共有しあい、何処でもネット環境を提供しあうものらしい。

っと言うことで、先ずは会員登録。

これは、比較的簡単に登録する事が出来た。

この情報を元にFONの設定を行う。

設定が完了すると、「MyPlace」と「FON_AP」の無線が使えるようになった。

暗号化された「MyPlace」がローカル用。
暗号化なしの「FON_AP」はパブリック用。

それぞれに接続してみたが、ローカルとパブリックが交わることは無い。
DHCPで割り振られるIPも全く違うIPになる。

コレであれば、安全にWi-Fiを皆に提供できますね。
便利な時代になりましたね~
 

投稿時間: 10:39

LA FONERA+ を購入

自宅のTVが駄目になったので、SONYブラビアF1を購入した。
このブラビアF1はDLNAに対応しているため、ネットワーク上のデータを再生できるらしい。
しかし、ブラビアのDLNAは完全ではないらしく、ちょっとしたカスタマイズを行わないと動画は再生できないらしい。

その前に、宅内ネットワークとブラビアを繋ぐ必要がある。
しかし、宅内ネットワークとTVは離れているため、LANケーブルで繋ぐには無理がある。

そこで、以前知り合いから頂いた「Buffalo WLI-TX4-G54HP」なるイーサネットコンバータ(子機)があった。
コレを、既存で使ってる無線ルータ「Planex BRC-W14VG-BT」に接続を行ってみたが、何をやっても繋がらない。
相性の問題なのだろうか?
それとも、メーカーが意図的に接続できないようにしているのだろうか?

そこで、安く購入できる機器を探してみた。
イーサネットコンバータでも無線LANでも、どちらでも構わない。
安ければよいし、繋がればOK。

そこで、Planex製のイーサネットコンバータを検討してみたが、気が進まない・・・・

そこで、既存の宅内ネットワークとは別に、無線LANネットワークを構築するプランを立ててみた。

そこで、浮上したものが「LA FONERA
現在キャンペーン中で送料は無料になるらしい。
 
それに、機器自体が安い。
失敗しても後悔しない金額だろう。

ネットで「LA FONERA」を調べてみると、面白い記事を見つけた。
ファームウェアを書き換えて、カスタマイズ満載のルータが構築できるらしい。
※Linuxベースのファームウェア

「LA FONERA」はOpenソースの「OpenWRT」をベースに開発されているらしいが、「OpenWRT」はコマンドベースの設定になる。

そこで、登場するのが「DD-WRT」。
コレは、「OpenWRT」のGUI強化版らしく、色々と遊べるらしい。

っと言うことで、早速購入してみた。

今回購入した機器は、「LA FONERA+」と言って、WANとLANと無線LANがつかえるタイプ。
安い「LA FONERA」でも良いのだが、ネットの情報によると無線の電波出力が若干強いらしい。

来るのが待ち遠しい~~

投稿時間: 12:34