Search




TOPページへ

このブログのフィードを取得
[フィードとは]

Powered by
Movable Type 4.23-ja

template by tokyobuddha

 ■■■■■免 責■■■■■
このサイトを参考にしたために発生した一切の損害に「てきとー管理者」は一切関知しませんし、補償もしません。 また、本サイトの記述が正しいことも保証しません。
自己責任にてお願いします。
 -------------------------

Galler Chocolate
ベルギー王室御用達として認定されたチョコレートブランド、ガレー。

玄箱fedoraに「RRDTool」&「HotSaNIC」

HDDの温度管理やCPU負荷、そしてトラフィックを目視出来るようにRRDToolを導入することにした。

玄箱HGfedoraにも同じ物をインストールしたが、kuro-sataを使っているせいかHDDの温度計測が出来ない。

ここでは玄箱fedoraに入れたときの手順を残すことにする。

RRDTool&HotSaNIC

まず、HDDの温度を計測するにはsmartdでも可能だが、「RRDTool」&「HotSaNIC」ではちょいと難しい。
そこで「hddtemp」を使うことにした。

準備したもの・・・

・rrdtool-1.0.49.tar.gz
・hotsanic-0.5.0-pre5.tgz
・hddtemp
・HotSaNIC-hddtemp-module-040706.tar.gz

その前に「RRDTool」&「HotSaNIC」を使う環境を整える。
freetype-devel
gd-devel
libpng-devel
zlib-devel
が必須。

そして、rrdtool-1.0.49.tar.gzをconfigureするときに開発環境も必要だった。
確か、gcc関連のインストールが必要。

環境が整ったらhddtempをインストール
fedora6の場合、rpmで提供されている

いつものように
# yum install hddtemp

無事インストールOK

# /usr/sbin/hddtemp

きちんと認識して動く事を確認


rrdtoolやrrdtool-develもRPMで提供されているが、上手く動かない・・・
やはりソースからコンパイルが必要

適当なディレクトリで「rrdtool-1.0.49.tar.gz」を展開

# tar xvfz rrdtool-1.0.49.tar.gz
# cd rrdtool-1.0.49
# ./configure
# make
# make install
# make site-perl-install

次にrrdtoolのインストールされたディレクトリに移動してHotSaNICをインストール

# cd /use/local
# tar xvfz hotsanic-0.5.0-pre5.tgz
# cd HotSaNIC/modures
# tar xvfz HotSaNIC-hddtemp-module-040706.tar.gz









書くのが面倒になってきた・・・(゚ε゜;)

続きは後程・・・・・

・・・・・・・・・・

・・・追記・・・

・・・・・・・・・・

DISKIOのデータ取得で、一部カスタマイズが必要な箇所が有る。

忘れないうちに書き書き・・・・

# vi HotSaNIC-Path/modules/diskio/platform/linux.pm
 if ($args{KERNEL} eq "2.4") {
 ↓
 # if ($args{KERNEL} eq "2.4") {

# if ($args{KERNEL} eq "2.4") {の上に
--- ここから ---
@stats = ();
if ($args{KERNEL} eq "2.6") {
open FILE, "< /proc/diskstats";
while () {
chomp;
push @stats, $_ if / [hs]d. /;
}
close FILE;
foreach my $entry (@stats) {
$entry =~ s/^\s*//;
my ($num1,$num2,undef,$racc,$undef,$rblk,undef,$wacc,undef,$wblk,undef,undef,undef,undef) = split /\s+/, $entry;
$num = $num1 . '_' . $num2;
store_values($args{MODNAME},$num,$racc,$wacc,$rblk,$wblk,512);
}
} elsif ($args{KERNEL} eq "2.4") {
--- ここまで ---
を追加

これで、動くはず・・・・・・。

投稿時間: 21:37