2007年7月のアーカイブ

Search




TOPページへ

このブログのフィードを取得
[フィードとは]

Powered by
Movable Type 4.23-ja

template by tokyobuddha

 ■■■■■免 責■■■■■
このサイトを参考にしたために発生した一切の損害に「てきとー管理者」は一切関知しませんし、補償もしません。 また、本サイトの記述が正しいことも保証しません。
自己責任にてお願いします。
 -------------------------

Galler Chocolate
ベルギー王室御用達として認定されたチョコレートブランド、ガレー。

岩塩ならクリスタルキンガ
野菜、肉、魚など素材本来の味を引き出します。上質でクセがなく西洋料理はもちろん中華、日本料理にも幅広くお使い頂けます。

玄箱PROにWebminをインストール

Debian etch化した玄箱PROにWebminを入れてみた。

先ず。Webminのサイトからパッケージをダウンロード
# cd /mnt
# mkdir tmp
# cd tmp
# wget http://nchc.dl.sourceforge.net/sourceforge/webadmin/webmin_1.350_all
.deb

ダウンロードしたファイルを使ってインストール開始してみる
先ずはインストールコマンドを調べてみる
ふむふむ・・・
dpkg -i <<該当パッケージ>> 
で良いらしい・・・

# dpkg -i webmin_1.350_all.deb
Selecting previously deselected package webmin.
(Reading database ... 10554 files and directories currently installed.)
Unpacking webmin (from webmin_1.350_all.deb) ...
dpkg: dependency problems prevent configuration of webmin:
webmin depends on libnet-ssleay-perl; however:
Package libnet-ssleay-perl is not installed.
webmin depends on openssl; however:
Package openssl is not installed.
webmin depends on libauthen-pam-perl; however:
Package libauthen-pam-perl is not installed.
webmin depends on libio-pty-perl; however:
Package libio-pty-perl is not installed.
webmin depends on libmd5-perl; however:
Package libmd5-perl is not installed.
dpkg: error processing webmin (--install):
dependency problems - leaving unconfigured
Errors were encountered while processing:
webmin

なにやら、足らないパッケージがあるらしい・・・
# aptitude install libnet-ssleay-perl libauthen-pam-perl libio-pty-perl libmd5-perl
Reading package lists... Done
Building dependency tree... Done
Initializing package states... Done
Reading task descriptions... Done
Building tag database... Done
The following packages are BROKEN:
webmin
The following NEW packages will be installed:
libauthen-pam-perl libio-pty-perl libmd5-perl libnet-ssleay-perl
0 packages upgraded, 4 newly installed, 0 to remove and 0 not upgraded.
Need to get 252kB of archives. After unpacking 1278kB will be used.
The following packages have unmet dependencies:
webmin: Depends: openssl but it is not installable
Resolving dependencies...
The following actions will resolve these dependencies:

Install the following packages:
openssl [0.9.8c-4 (stable)]

Score is -19

Accept this solution? [Y/n/q/?] y
The following NEW packages will be automatically installed:
openssl
The following NEW packages will be installed:
libauthen-pam-perl libio-pty-perl libmd5-perl libnet-ssleay-perl openssl
0 packages upgraded, 5 newly installed, 0 to remove and 0 not upgraded.
Need to get 1252kB of archives. After unpacking 3592kB will be used.
Do you want to continue? [Y/n/?] y
Writing extended state information... Done
Get:1 http://ftp2.jp.debian.org etch/main libnet-ssleay-perl 1.30-1 [175kB]
Get:2 http://ftp2.jp.debian.org etch/main openssl 0.9.8c-4 [1000kB]
Get:3 http://ftp2.jp.debian.org etch/main libauthen-pam-perl 0.16-1 [31.1kB]
Get:4 http://ftp2.jp.debian.org etch/main libio-pty-perl 1:1.05-2 [39.5kB]
Get:5 http://ftp2.jp.debian.org etch/main libmd5-perl 2.03-1 [5700B]
Fetched 1252kB in 1s (633kB/s)
Selecting previously deselected package libnet-ssleay-perl.
(Reading database ... 25263 files and directories currently installed.)
Unpacking libnet-ssleay-perl (from .../libnet-ssleay-perl_1.30-1_arm.deb) ...
Selecting previously deselected package openssl.
Unpacking openssl (from .../openssl_0.9.8c-4_arm.deb) ...
Creating directory /etc/ssl
Selecting previously deselected package libauthen-pam-perl.
Unpacking libauthen-pam-perl (from .../libauthen-pam-perl_0.16-1_arm.deb) ...
Selecting previously deselected package libio-pty-perl.
Unpacking libio-pty-perl (from .../libio-pty-perl_1%3a1.05-2_arm.deb) ...
Selecting previously deselected package libmd5-perl.
Unpacking libmd5-perl (from .../libmd5-perl_2.03-1_all.deb) ...
Setting up libnet-ssleay-perl (1.30-1) ...
Setting up openssl (0.9.8c-4) ...

Setting up libauthen-pam-perl (0.16-1) ...
Setting up libio-pty-perl (1.05-2) ...
Setting up libmd5-perl (2.03-1) ...
Setting up webmin (1.350) ...
Webmin install complete. You can now login to https://home03:10000/
as root with your root password, or as any user who can use sudo
to run commands as root.

お~ すげー yumよりも便利?

早速アクセスしてみる
おー いつものなれた画面。

苦手意識があったdebianだけど、結構いいですな~
でも、コマンドやディレクトの違いで、違和感は残っていますが・・・

投稿時間: 23:33

玄箱Fedora7化のその後・・・。

6月24日に玄箱Fedora7化を行ったが、yum updateが出来ない不具合が出ていた。
暇があったのでググッていたが、どうもPPCのみに出ているバグらしい・・・。
早く対応してほしい。

対策のパッケージが出るまでは、電源を切っておこう!

投稿時間: 21:17

玄箱PRO ファームウェア 1.02

そういえば、玄箱PROのファームウェアが「1.02」にUPされていた。
昨日、再インストールしたばかりだが、ファームのUPもしたい。
空のSATAも無いので、そのままの環境でファームのUPDATEを行い、OSも再インストールすることにした。

先ずは、玄人志向のHPよりファームをダウンロード。
手順に従って、UPDATE。
再起動を行うと、やはりすべてが初期化されていた。
仕方が無いので、ChangeMeDevHDD ChangeMyUbootEnv uImage.buffalo hddrootfs.tar.gzを所定のディレクトリへ転送。
uImage.buffaloに関してはファームウェア 1.02のものを入れること。
当然hddrootfs.tar.gzはハックキットのものです。

その後は、昨日と同じ手順でdebian化。

ここまでの作業時間15分程度。
慣れにより時間短縮ができた。

我が家のネットワーク環境の設定のみ施し
# apt-get update
# apt-get upgrade

昨日は、この後、NTPやSSHをインストールしたが、その前に「etch化」を行ってみる。
例のごとく、LinkStation/玄箱をハックしようハックキットの etch 化を参考に行うことにした。

sources.listを念のためバックアップ
# cp sources.list sources.list.org
# vi sources.list
deb http://ftp2.jp.debian.org/debian/ etch main contrib non-free
deb http://ftp2.jp.debian.org/debian/ etch-proposed-updates main contrib non-free
deb http://ftp2.jp.debian.org/debian-security/ etch/updates main contrib non-free
deb http://security.debian.org etch/updates main contrib non-free

deb-src http://ftp2.jp.debian.org/debian/ etch main contrib non-free
deb-src http://ftp2.jp.debian.org/debian/ etch-proposed-updates main contrib non-free
deb-src http://ftp2.jp.debian.org/debian-security/ etch/updates main contrib non-free
deb-src http://security.debian.org etch/updates main contrib non-free

に書き換え。
その後、apt-get updateとapt-get dist-upgradeを実行
すべてデフォルトにてインストール。
無事インストールが出来たら、再起動

このとき、シリアルコンソールでは繋いでいない。
エラーが出ているのが解らず。
ここによると「/etc/fstab から /dev/pts」でエラーが無くなるらしい。

自分で確認するべきだが、多分問題ないでしょう(笑
次回、シリアルコンソールを繋いだときにでも確認しよう!

ここまで、来たら昨日インストールしたパッケージを入れてみよう。
# apt-get update
# apt-get install ntp ntpdate ntp-doc ntp-simple

自動的にNTPが起動してしまうので、一旦ストップした上で、
# ntpdate ntp1.jst.mfeed.ad.jp
を実行。




疲れた・・・
SSHも必要だけど、今度にしよう・・・・

投稿時間: 21:08

玄箱PROのdebian再インストール

最近更新を怠っていた。

以前にDebianをインストールしたままだったのを思い出し、ちょっと時間があったので設定することにした。
前回、どこまで設定したのかを忘れてしまった為、インストール済みのDebianを破壊(正確にはHDDのフォーマット)を行い、1から行ってみた。

今回もLinkStation/玄箱をハックしようのハックキットを利用し、最終的には「etch」までUPDATEする。

作業内容は以下の通り

1、HDDのデータ破壊(フォーマット)
自作したシリアルコンソールケーブルを接続し、現在のOS状況を確認
起動し、内容の確認を行うが、何をどこまで作業したのか解らず。
Flash boot モードに切り替えてHDDのデータ破壊を行う。

起動したDebianを一旦rebootし、以下のコマンドを実行

Marvell>> setenv bootargs_root root=/dev/mtdblock2 rw panic=5
Marvell>> setenv bootcmd 'nboot $(default_kernel_addr) 0 $(nand_uImage_offset);bootm $(default_kernel_addr)'
Marvell>> setenv nand_boot yes
Marvell>> setenv bootargs $(bootargs_base) $(bootargs_root) $(buffalo_ver)
Marvell>> boot

無事、Flash boot モードで起動できたら、HDDのデータ破壊を以下の手順で行う。

先ずumount
~ # df
Filesystem 1k-blocks Used Available Use% Mounted on
/dev/mtd2 65536 15884 49652 24% /
/dev/ram1 8192 140 8052 2% /mnt/ram
/dev/sda4 114029892 464 114029428 0% /mnt/disk1
/dev/mtd3 192512 56888 135624 30% /mnt/mtd
~ # umount /mnt/disk1

パーティションの破壊
~ # mkfs.ext2 -j /dev/sda2
:
:
~ # dd if=/dev/zero of=/dev/sda2 bs=1 count=3
3+0 records in
3+0 records out
~ # mkfs.ext2 -j /dev/sda4
:
:
~ # dd if=/dev/zero of=/dev/sda4 bs=1 count=3
3+0 records in
3+0 records out
~ # fdisk /dev/sda
:
:
:
:
Command (m for help): d
Partition number (1-4): 1

Command (m for help): d
Partition number (1-4): 2

Command (m for help): d
Partition number (1-4): 3

Command (m for help): d
Selected partition 4

Command (m for help): p

Disk /dev/sda: 120.0 GB, 120034123776 bytes
255 heads, 63 sectors/track, 14593 cylinders
Units = cylinders of 16065 * 512 = 8225280 bytes

Device Boot Start End Blocks Id System

Command (m for help): w
The partition table has been altered!

Calling ioctl() to re-read partition table
SCSI device sda: 234441648 512-byte hdwr sectors (120034 MB)
SCSI device sda: drive cache: write back
sda:
~ #

上記の「dd if=/dev/zero of=/dev/sda2 bs=1 count=3」や「dd if=/dev/zero of=/dev/sda4 bs=1 count=3」は単純にパーティションを消しても先頭の3byteだけが残ってしまうため、完全に消すための「おまじない?」らしい・・・・

ここまでできたら、本体裏にある「リセットボタン」を長押しすれば自動的にインストールを行ってくれるらしい。
本来、ChangeMeDevHDD ChangeMyUbootEnv uImage.buffalo hddrootfs.tar.gzをFlashに転送する必要があるが、前回転送済みなので今回は行わない・・・。

Info LEDが消えればインストール完了

各種ネットワークの設定を行い、再起動。

我が家のIPは生意気にクラスAを割り当てている(笑

・/mnt/disk1/etc/network/interfaces
・/mnt/disk1/etc/resolv.conf
・/mnt/disk1/etc/hosts
・/mnt/disk1/etc/hostname

を我が家の環境に設定し、reboot。

起動したら、次のコマンドを実行(ハックキットセットアップスクリプト)

# cd /usr/local/sbin/
# sh KURO-BOX-Pro_setup.sh

終わったら、BusyBox の tar が落としてしまうパーミッションの設定を行う
# chmod 666 /dev/null
# chmod 666 /dev/zero
# chmod 666 /dev/full
# chmod 666 /dev/random
# chmod 666 /dev/tty
# chmod 666 /dev/ptmx
# chmod 666 /dev/usb/scanner*

これで、基本的な設定は完了。

次に、rootのpass変更や通常利用するuserの設定を行う

ここまで着たら、最新のパッケージにUPDATE
# apt-get update
# apt-get upgrade

UPDATE完了後、時間調整を行う。
先ず、必要なパッケージをインストール
# apt-get install ntp ntpdate ntp-doc ntp-simple

一旦は強制的にntpdate
# ntpdate ntp1.jst.mfeed.ad.jp

時間を合わせたら、ntpを起動する。

sshのインストール
# apt-get install ssh

あれ?TeraTermでログインできないぞ?
まっ良いか。 Win32用のSSHクライアントでは繋がるし、時間があるときにでも調査しよう。


今回はここまで~~

投稿時間: 20:28