2008年8月のアーカイブ

Search




TOPページへ

このブログのフィードを取得
[フィードとは]

Powered by
Movable Type 4.23-ja

template by tokyobuddha

 ■■■■■免 責■■■■■
このサイトを参考にしたために発生した一切の損害に「てきとー管理者」は一切関知しませんし、補償もしません。 また、本サイトの記述が正しいことも保証しません。
自己責任にてお願いします。
 -------------------------

Galler Chocolate
ベルギー王室御用達として認定されたチョコレートブランド、ガレー。

岩塩ならクリスタルキンガ
野菜、肉、魚など素材本来の味を引き出します。上質でクセがなく西洋料理はもちろん中華、日本料理にも幅広くお使い頂けます。

ARTiGOは初期不良だった。

昨日、ARTiGOが戻ってきた。
早速、OSのセットアップ。

今回は途中で電源が落ちることは無いようだ・・・・。
USBからbootinstallを行い、なんとかインストール完了。

マザーボードは交換されたので問題は無いが、メモリやHDDのチェックを行うことにした。
メモリのチェック・・・・
BIOSで正常認識しているし、OSのインストールも問題なかったので不具合は無いだろう!!
※メモリをチェックする方法は他にあるのだろうか?

次にHDDのチェック。
SMARTにてチェックを行ってみた。

# smartctl -a /dev/hda を実行

んにゃ? エラーが出てるんですけど~
どうやら、セクタのエラーらしいけど、これも不良品か?

とりあえず、ハードディスクのセルフチェックを行ってみた。

# smartctl -a -t long /dev/hda を実行。

今日はココでタイムアップ。

投稿時間: 00:04

ARTiGOの初期不良

昨日色々と手を尽くし作業していたが、インストールできず、途中で電源が切れてしまう。
購入した店からメールが届いていた。
「初期不良の可能性があるので、一旦返却して欲しいとの事」

面倒だが、綺麗に梱包しなおし、送る準備。

めんどうくせ~

投稿時間: 15:30

ARTiGOがきた~

昨日注文した「ARTiGO」が届いた。
早速「夏の工作」を開始。

今回購入したのは「ARTiGO」と1Gのメモリ、そして160GB のSATA(7200rpm)の3点。

組み立ては非常に簡単。
こんな感じで、組み上げる。

この機器には、CDROMドライブが付いていない。
わざわざ購入するのも馬鹿らしい。
今回は、netinstallを行うのだが、usbbootで作業してみることにした。

usbbootを行うためググって見ると、比較的簡単にboot出来るらしい。
今回インストールするのはCentOS5.2

近くのFTPサイトより「diskboot.img」をDLし、USBメモリに書き込む。
そのままコピーではつかえない。
ddコマンドでコピーする必要があるが、今回は「DDWin_Ver099」を使い、WinPCにて作成してみた。

準備が出来たところで、早速usbboot。

ん?
電源を入れるも、数秒で電源が切れる。
何度やっても、電源が切れる。

もしや、メモリとの相性問題?

BIOSを起動し各種確認。
HDDもメモリも認識している。

あれ?
BIOSを起動した状態でも、電源が切れるぞ!!

NotePCのメモリと規格が同じなので、差し替えて挑戦してみる。
やはり、現象は同じだ。

何度やっても駄目。
こりゃ~初期不良かな?

時間も遅いので、購入した店にメールして対応を待つとしよう!

投稿時間: 12:16

ARTiGOの購入

我が家には[DELL SC420]をメインサーバとして、玄箱3機種の計4台のサーバが稼動している。
夏のせいか、DELL SC420のFANの音が大きく感じる。
寝室に置いてあるので、夜間はエアコンで冷えているので、音はさほど気にならないが、日中の暑い時間帯は、轟音をたてている w

以前より狙っていた「ARTiGO」がリビジョンアップし、SATAのHDDが利用可能になった。
ARTiGOはPicoITXのEPIA-PX10000Gに5インチベイの取り付け可能なケースがセットになったKITです。

IDEの時から欲しかったのだが、購入に踏み切れなかった。
しかし、何気にkakaku.comを閲覧していると「B1」が付いた「ARTiGO」が出回っている。

「ほしい!」

価格も安定しているようなので、今回購入に踏み切った。
本日中に注文すれば、明日には届きそうw

夏季休暇の「夏の工作」に間に合いそうだ!

投稿時間: 13:04

USB通信ケーブル 兼 ストラップ

記載するのを忘れていたが、クリアケースと一緒に「USB通信ケーブル兼ストラップ」も購入していた。

どのようなものかと言うと、普段はS12THのストラップ。
通信したいときだけ、取り外し、USB通信ケーブルに早代わり。
本体の充電も出来るので、結構便利っす。

でも、たまご型のUSBコネクタを入れるケースがデカく、結構邪魔だったりする。

usbstrap.jpg

投稿時間: 23:53

S12HTのクリアケース

先月イーモバイルのS12HTを購入したが、本体が傷つきそうで嫌な感じ・・・
皮製のケースを探したが、気に入ったものが見つからない。
取り急ぎ、安いケースで本体を保護しましょ!

Vis-a-Visと言うショップで比較的手ごろなケースが売っていた。

clearcase.jpg

装着感もグゥ~。
見た目もグゥ~。
本体をスライドさせても、引っかからずグゥ~。

気に入った皮製ケースが見つかるまでは、コレでガマンしましょ!

投稿時間: 21:41

レーダー探知機のバッテリー交換

8年も利用したユピテルのレーダ探知機(supercat SE-41)のバッテリーが駄目になってきた。
ソーラー電池で充電も出来ず、まともに動かなくなってきた。

supercat se-41


そろそろ新しいレーダ探知機が欲しいところ・・・

GPS付きや液晶付きなど、最近のレーダ探知機はスゴイ!
カーナビの機能まで付いてるレーダ探知機も有るようだ。

新しいレーダ探知機も購入するのだが、せっかくの夏季休暇。
有効に使わない手は無い。

「夏の工作」をやってみよう!

本体からバッテリーを取り出し、型番を調査。
「3HB70-F」と言う型番らしいが、この電池は終息しているらしい。
後継の電池「3/V80H」があった。

早速、ネット通販にて購入。

届いた電池と古い電池の2shot!

電池1

見比べると、電池は同じようだが、余計な金具が付いているが切ってしまえば良いだろう。

先ずは、古い電池よりケーブルを取るため、電池を包んでいるビニールを取り外す。

電池2

ケーブルを取り外し、新しい電池に移植。

電池3

ココまで出来たら、本体に取り付け、動作確認。

問題なく動作した。
陽の照る場所で、ソーラー経由で充電も出来ているようだ。

投稿時間: 19:13