2008年12月のアーカイブ

Search




TOPページへ

このブログのフィードを取得
[フィードとは]

Powered by
Movable Type 4.23-ja

template by tokyobuddha

 ■■■■■免 責■■■■■
このサイトを参考にしたために発生した一切の損害に「てきとー管理者」は一切関知しませんし、補償もしません。 また、本サイトの記述が正しいことも保証しません。
自己責任にてお願いします。
 -------------------------

Galler Chocolate
ベルギー王室御用達として認定されたチョコレートブランド、ガレー。

岩塩ならクリスタルキンガ
野菜、肉、魚など素材本来の味を引き出します。上質でクセがなく西洋料理はもちろん中華、日本料理にも幅広くお使い頂けます。

激動の一年

今年もそろそろ終わる時間・・・

この1年も激動の一年だった。

来年も激動になるのだろうか?
ここ4-5年、激動続きなので来年くらいは静かに暮らしたい(^^ゞ

投稿時間: 23:42

OpenWrt 8.09_RC1 がまともに動かない!!

年の瀬と言うのに、暇つぶしにFONいじり
先日8.09_RC1 とインストールして色々試してみたが、使えないコマンドがあるようだ。
UPDATEを行うための「ipkg」すらも使えない・・・^^;

とりあえず、古いファームで遊んでみよう

投稿時間: 17:34

LA FONERA 2100のOpenWrt化 8.09_RC1

調子にのって「8.09_RC1」にしてみた。

覚えてしまえば簡単なもの・・・

投稿時間: 09:12

LA FONERA 2100のOpenWrt化

日経Linux12月号に出ていた方法でOpenWrt化を行ってみた。

2100なので、作業はシリアルケーブルにて行う必要がある。
玄箱Proの時に作成していたので、簡単に接続できた。
※玄箱ProとLA FONERA 2100では接続順番が違うので、配線を若干変えて使った。

以下、シリアル接続での作業内容。

==============================================================
+PHY ID is 0022:5521
Ethernet eth0: MAC address 00:18:84:28:c8:24
IP: 0.0.0.0/255.255.255.255, Gateway: 0.0.0.0
Default server: 0.0.0.0

RedBoot(tm) bootstrap and debug environment [ROMRAM]
Non-certified release, version v1.3.0 - built 16:57:58, Aug 7 2006

Copyright (C) 2000, 2001, 2002, 2003, 2004 Red Hat, Inc.

Board: ap51
RAM: 0x80000000-0x81000000, [0x80040450-0x80fe1000] available
FLASH: 0xa8000000 - 0xa87f0000, 128 blocks of 0x00010000 bytes each.
== Executing boot script in 1.000 seconds - enter ^C to abort
^C ← [Ctrl]+[c]
RedBoot>
RedBoot> ip_address -l 192.168.1.1/24 -h 192.168.1.2
IP: 192.168.1.1/255.255.255.0, Gateway: 0.0.0.0
Default server: 192.168.1.2
RedBoot> fis init
About to initialize [format] FLASH image system - continue (y/n)? y
*** Initialize FLASH Image System
... Erase from 0xa87e0000-0xa87f0000: .
... Program from 0x80ff0000-0x81000000 at 0xa87e0000: .
RedBoot> load -r -b 0x80041000 openwrt-atheros-2.6-root.squashfs
Using default protocol (TFTP)
Raw file loaded 0x80041000-0x80160fff, assumed entry at 0x80041000
RedBoot> fis create -l 0x06F0000 rootfs
... Erase from 0xa8030000-0xa8720000: ...............................................................................................................
... Program from 0x80041000-0x80161000 at 0xa8030000: ..................
... Erase from 0xa87e0000-0xa87f0000: .
... Program from 0x80ff0000-0x81000000 at 0xa87e0000: .
RedBoot> load -r -b 0x80041000 openwrt-atheros-2.6-vmlinux.lzma
Using default protocol (TFTP)
Raw file loaded 0x80041000-0x80100fff, assumed entry at 0x80041000
RedBoot> fis create -r 0x80041000 -e 0x80041000 vmlinux.bin.l7
... Erase from 0xa8720000-0xa87e0000: ............
... Program from 0x80041000-0x80101000 at 0xa8720000: ............
... Erase from 0xa87e0000-0xa87f0000: .
... Program from 0x80ff0000-0x81000000 at 0xa87e0000: .
RedBoot> fconfig
Run script at boot: true
Boot script:
.. fis load -l vmlinux.bin.l7
.. exec
Enter script, terminate with empty line
>> ← エンター
Boot script timeout (1000ms resolution): 1
Use BOOTP for network configuration: false
Gateway IP address:
Local IP address:
Local IP address mask: 255.255.255.255
Default server IP address:
Console baud rate: 9600
GDB connection port: 9000
Force console for special debug messages: false
Network debug at boot time: false
Update RedBoot non-volatile configuration - continue (y/n)?
RedBoot> reset
+PHY ID is 0022:5521
Ethernet eth0: MAC address 00:18:84:28:c8:24
IP: 0.0.0.0/255.255.255.255, Gateway: 0.0.0.0
Default server: 0.0.0.0

RedBoot(tm) bootstrap and debug environment [ROMRAM]
Non-certified release, version v1.3.0 - built 16:57:58, Aug 7 2006

Copyright (C) 2000, 2001, 2002, 2003, 2004 Red Hat, Inc.

Board: ap51
RAM: 0x80000000-0x81000000, [0x80040450-0x80fe1000] available
FLASH: 0xa8000000 - 0xa87f0000, 128 blocks of 0x00010000 bytes each.
== Executing boot script in 1.000 seconds - enter ^C to abort
RedBoot> fis load -l vmlinux.bin.l7
Image loaded from 0x80041000-0x80290085
RedBoot> exec
Now booting linux kernel:
Base address 0x80030000 Entry 0x80041000
Cmdline :
Linux version 2.6.21.5 (nbd@ds10) (gcc version 4.1.2) #2 Sun Sep 30 20:16:16 CEST 2007
CPU revision is: 00019064
Determined physical RAM map:
memory: 01000000 @ 00000000 (usable)
Initrd not found or empty - disabling initrd
Built 1 zonelists. Total pages: 4064
Kernel command line: console=ttyS0,9600 rootfstype=squashfs,jffs2 init=/etc/preinit
Primary instruction cache 16kB, physically tagged, 4-way, linesize 16 bytes.
Primary data cache 16kB, 4-way, linesize 16 bytes.
Synthesized TLB refill handler (20 instructions).
Synthesized TLB load handler fastpath (32 instructions).
Synthesized TLB store handler fastpath (32 instructions).
Synthesized TLB modify handler fastpath (31 instructions).
PID hash table entries: 64 (order: 6, 256 bytes)
Using 92.000 MHz high precision timer.
Dentry cache hash table entries: 2048 (order: 1, 8192 bytes)
Inode-cache hash table entries: 1024 (order: 0, 4096 bytes)
Memory: 13504k/16384k available (1955k kernel code, 2880k reserved, 292k data, 116k init, 0k highmem)
Mount-cache hash table entries: 512
NET: Registered protocol family 16
Radio config found at offset 0xf8(0x1f8)
Time: MIPS clocksource has been installed.
NET: Registered protocol family 2
IP route cache hash table entries: 1024 (order: 0, 4096 bytes)
TCP established hash table entries: 512 (order: 0, 4096 bytes)
TCP bind hash table entries: 512 (order: -1, 2048 bytes)
TCP: Hash tables configured (established 512 bind 512)
TCP reno registered
squashfs: version 3.0 (2006/03/15) Phillip Lougher
Registering mini_fo version $Id$
JFFS2 version 2.2. (NAND) (C) 2001-2006 Red Hat, Inc.
io scheduler noop registered
io scheduler deadline registered (default)
Serial: 8250/16550 driver $Revision: 1.90 $ 1 ports, IRQ sharing disabled
serial8250: ttyS0 at MMIO 0xb1100003 (irq = 37) is a 16550A
eth0: Dropping NETIF_F_SG since no checksum feature.
eth0: Atheros AR231x: 00:18:84:28:c8:24, irq 4
cmdlinepart partition parsing not available
Searching for RedBoot partition table in spiflash at offset 0x7d0000
Searching for RedBoot partition table in spiflash at offset 0x7e0000
5 RedBoot partitions found on MTD device spiflash
Creating 5 MTD partitions on "spiflash":
0x00000000-0x00030000 : "RedBoot"
0x00030000-0x00720000 : "rootfs"
0x00130000-0x00720000 : "rootfs_data"
0x00720000-0x007e0000 : "vmlinux.bin.l7"
0x007e0000-0x007ef000 : "FIS directory"
0x007ef000-0x007f0000 : "RedBoot config"
nf_conntrack version 0.5.0 (128 buckets, 1024 max)
ip_tables: (C) 2000-2006 Netfilter Core Team
TCP vegas registered
NET: Registered protocol family 1
NET: Registered protocol family 17
802.1Q VLAN Support v1.8 Ben Greear
All bugs added by David S. Miller
VFS: Mounted root (squashfs filesystem) readonly.
Freeing unused kernel memory: 116k freed
eth0: Configuring MAC for full duplex
Warning: unable to open an initial console.
Algorithmics/MIPS FPU Emulator v1.5
- preinit -
jffs2 not ready yet; using ramdisk
mini_fo: using base directory: /
mini_fo: using storage directory: /tmp/root
- init -
init started: BusyBox v1.4.2 (2007-09-29 07:21:40 CEST) multi-call binary

Please press Enter to activate this console. device eth0 entered promiscuous mode
br-lan: port 1(eth0) entering learning state
br-lan: topology change detected, propagating
br-lan: port 1(eth0) entering forwarding state
PPP generic driver version 2.4.2
wlan: 0.8.4.2 (svn r2568)
ath_hal: module license 'Proprietary' taints kernel.
ath_hal: 0.9.30.13 (AR5212, AR5312, RF2316, TX_DESC_SWAP)
ath_rate_minstrel: Minstrel automatic rate control algorithm 1.2 (svn r2568)
ath_rate_minstrel: look around rate set to 10%
ath_rate_minstrel: EWMA rolloff level set to 75%
ath_rate_minstrel: max segment size in the mrr set to 6000 us
wlan: mac acl policy registered
ath_ahb: 0.9.4.5 (svn r2568)
ath_pci: switching rfkill capability off
ath_pci: switching per-packet transmit power control off
wifi0: 11b rates: 1Mbps 2Mbps 5.5Mbps 11Mbps
wifi0: 11g rates: 1Mbps 2Mbps 5.5Mbps 11Mbps 6Mbps 9Mbps 12Mbps 18Mbps 24Mbps 36Mbps 48Mbps 54Mbps
wifi0: H/W encryption support: WEP AES AES_CCM TKIP
wifi0: mac 11.0 phy 4.8 radio 7.0
wifi0: Use hw queue 1 for WME_AC_BE traffic
wifi0: Use hw queue 0 for WME_AC_BK traffic
wifi0: Use hw queue 2 for WME_AC_VI traffic
wifi0: Use hw queue 3 for WME_AC_VO traffic
wifi0: Use hw queue 8 for CAB traffic
wifi0: Use hw queue 9 for beacons
wifi0: Atheros 2315 WiSoC: mem=0xb0000000, irq=3
jffs2_scan_eraseblock(): End of filesystem marker found at 0x0
jffs2_build_filesystem(): unlocking the mtd device... done.
jffs2_build_filesystem(): erasing all blocks after the end marker... done.
mini_fo: using base directory: /
mini_fo: using storage directory: /jffs

BusyBox v1.4.2 (2007-09-29 07:21:40 CEST) Built-in shell (ash)
Enter 'help' for a list of built-in commands.

_______ ________ __
| |.-----.-----.-----.| | | |.----.| |_
| - || _ | -__| || | | || _|| _|
|_______|| __|_____|__|__||________||__| |____|
|__| W I R E L E S S F R E E D O M
KAMIKAZE (7.09) -----------------------------------
* 10 oz Vodka Shake well with ice and strain
* 10 oz Triple sec mixture into 10 shot glasses.
* 10 oz lime juice Salute!
---------------------------------------------------
root@OpenWrt:/#
==============================================================

上記のログで太文字部分だけ打ち込んだだけ・・・・

簡単だね。

投稿時間: 22:46

LA FONERA 2100 の購入

本日、仕事の帰りに、秋葉のヨドバシで LA FONERA 2100 を調達した。

もちろん冬の工作のOpenWrt+SDカードの準備です。

投稿時間: 23:43

iPhoneを脱獄

iPhoneの脱獄に挑戦

QuickPwnと言うTOOLを使うと簡単に脱獄できるらしい。
脱獄の目的は「iPhoneのモデム化」です。

S12THも使っているのだが、通信エリアが狭い。
念のためiPhoneでも通信できるように準備しておきたい。

ってことで、実行。
非常に簡単に行えた。

今度は、iPhoneModem zsrelayでモデム化です。

投稿時間: 00:09

FONが増えてね~?

最近思うのだが、FONユーザーが増えてるように思う。

都内の喫茶店に入れば、ほとんどFONにつなげられる。
これは非常に便利。

ライブドアの無線LANも使えるので非常に助かりますね。

ところで、最近FONにSDカードを取り付けるカスタマイズが流行ってる?らしい・・・
我が家で持っているFONERA+では難しいらしく、ノーマル版のFONERAが良いらしい。

2,000円弱で購入できるのも魅力。

簡単なWEBサーバに使えれば、無音サーバとして使える。

ん~ 冬休みの工作に挑戦してみようかな~

投稿時間: 23:59

日本語ドメイン対応

日本語ドメインを取得したので、我が家のサーバに割り当ててみた。

必要なのは「libidn」と言うパッケージ。

メインマシンのCentOS5には入っていた。

んで、どんなものか試してみる。

# idn ほげほげ ← 実際には違うドメインを取ってますが、試験的に・・・・
libidn 0.6.5
Copyright 2002, 2003, 2004, 2005 Simon Josefsson.
GNU Libidn comes with NO WARRANTY, to the extent permitted by law.
You may redistribute copies of GNU Libidn under the terms of
the GNU Lesser General Public License. For more information
about these matters, see the file named COPYING.LIB.
xn--18ja5jb  ← ここ

一番最後に出てきた「xn--18ja5jb」が変換元の状態

このASCII文字列をドメインとして登録。

DNSやらHTTPDやらを設定。

ブラウザから「http://www.ほげほげ.jp」にアクセスすると、ブラウザが自動変換してサーバにアクセスするらしい・・・・・

そんなに難しい技術ではなかったyo!

投稿時間: 19:40

玄箱HGのiTunesServerが動かない

以前作成したiTunesServer。
Fedora8のときに作成したままで、Fedora10には対応してないっぽい。

ってことで、Fedora10用に再構築。

http://nightlies.fireflymediaserver.org/ から必要なソースを持ってくる。

# wget http://nightlies.fireflymediaserver.org/nightlies/svn-1586/mt-daapd-svn-1586.tar.gz ← GET

# tar zxvf mt-daapd-svn-1586.tar.gz ← 展開

# cd mt-daapd-svn-1586 ← 展開先へ移動

# ./configure --enable-sqlite3 && make && make install ← インストール

# cp contrib/init.d/mt-daapd-fedora /etc/rc.d/init.d/mt-daapd ← 起動スクリプトを所定のディレクトリへコピー

# cp contrib/mt-daapd.conf /usr/local/etc/ ← 設定ファイルを所定のディレクトリへコピー

# chown nobody:nobody /usr/local/etc/mt-daapd.conf ← 設定ファイル所有者変更

# cd ← 展開先ディレクトリを抜ける

# vi /usr/local/etc/mt-daapd.conf ← 設定ファイル編集
admin_pw = xxxxxxxx ← 管理ページアクセスするために任意のパスワードを指定

db_type = sqlite

db_type = sqlite3 ← DBタイプとしてsqlite3を指定

mp3_dir /mnt/mp3

mp3_dir /home/mp3 ← MP3ファイル格納フォルダを指定※後述の「■Samba設定」参照

rescan_interval 300 ← 行頭の#を削除してコメント解除(MP3ファイル格納フォルダを5分間隔で再読込みする)

Sambaの設定

# vi /etc/samba/smb.conf ← Samba設定ファイル編集
以下を最終行へ追加
[mp3]
comment = Music Box
path = /home/mp3
public = yes
writable = yes
only guest = yes

# mkdir /home/mp3 ← MP3ファイル格納ディレクトリ作成

# chown nobody:nobody /home/mp3/ ← MP3ファイル格納ディレクトリ所有者変更

# /etc/rc.d/init.d/smb reload ← Samba設定反映
smb.conf ファイルを再読み込み中: [ OK ]

Firefly起動

# vi /etc/rc.d/init.d/mt-daapd ← Firefly起動スクリプト編集
#killall -INT mt-daapd ← 行頭に#を追加してコメントアウト(再起動不可対処)
killproc mt-daapd ← 行頭の#を削除してコメント解除(再起動不可対処)

# /etc/rc.d/init.d/mt-daapd start ← Firefly起動
DAAP サーバーを起動中: [ OK ]

# chkconfig mt-daapd on ← Firefly自動起動設定

これでいけるはず!


※構築参照サイト
  http://fedorasrv.com/firefly.shtml

投稿時間: 16:29

玄箱HG Fedora10 いけたよ!

事務所からこっそりUPGRADEしていましたが、Fedora8からFedora10へ一気に行けました。

調子に乗って玄箱(ノーマル)もUPGRADE
若干環境が違うが、こちらも無事UPGRADEできた。
でも、死活監視のNAGIOSがおかしい・・・

再度、NAGIOSのコンパイルを行い、無事動作。

これで、玄箱も延命できた。

投稿時間: 02:17

玄箱HG Fedora10 なんか、いけそう~

今、こっそり事務所からリモート操作! w

Fedora8からFedora10へUPGRADE中
なんか、いけそうな気がする・・・・。

投稿時間: 13:55

玄箱HGのFedora9&10化 その2

玄箱HGをFedora8からFedora9にUPGRADEしようとしたが、依存関係が多すぎて、UPGRADE出来ない感じ・・・

バックアップを取っていきなりFedora10に挑戦してみよう!

投稿時間: 13:52

玄箱HGのFedora9&10化

昼休みに遠隔からFedora8からFedora9へのUPGRADEを行ってみた。
依存関係が多すぎて、素直に出来そうに無い。

バックアップを取って、再インストールかな~

投稿時間: 19:15

気がつけば・・・

気がつけば、Fedoraもバージョン「10」ですか・・・・  早くね?

今「8」だからな~
kernelもUPしたし、そろそろ「9」「10」にしたいところ・・・

でも、以前「9」に挑戦して玉砕してるしな~~

投稿時間: 12:56

玄箱のKernel再構築

現在使っているKernelが古いので、出来る限り新しいKernelに入れ替えようと思う。

サイトを巡回していたら、こんなサイトを見つけた。

簡単にKernelをコンパイルできそうだ!。

手順に従いコンパイル。
今回利用したのは、「2.6.25.20」

そのままではつまらないので、iptableが使えるようにNetfilteのオプションとext4のオプションを指定してみた。

何の問題も無くコンパイル終了。
新kernelで起動確認&iptable動作確認。

でも、ext4の動作確認が出来ない。

どうやって確認しようか~~


※玄箱+玄箱HG 両方ともUPしました。


投稿時間: 12:49

無停電電源装置2

自宅に届いたが、設置は週末になりそう。

投稿時間: 23:27

無停電電源装置

先日、自宅マンションの電源が落ちた。
雷でも無いし、宅内の電気容量の問題でもな無く、マンションの管理人が誤って大元の電源を切りやがった!

モデムやrouterは電源が入ればそのまま起動するが、玄箱達は落ちたまま。
嫁に連絡するのも面倒だし、データを保護するためにも「無停電電源装置」の購入を検討。

自宅なので大きなものは置けないし・・・
APC ES500を狙ってみた。

比較的安くて、早いのがAmazonだったので、早速注文。


投稿時間: 12:18

更新

そういえば、最近更新してないな~

投稿時間: 19:29