2009年3月のアーカイブ

Search




TOPページへ

このブログのフィードを取得
[フィードとは]

Powered by
Movable Type 4.23-ja

template by tokyobuddha

 ■■■■■免 責■■■■■
このサイトを参考にしたために発生した一切の損害に「てきとー管理者」は一切関知しませんし、補償もしません。 また、本サイトの記述が正しいことも保証しません。
自己責任にてお願いします。
 -------------------------

Galler Chocolate
ベルギー王室御用達として認定されたチョコレートブランド、ガレー。

岩塩ならクリスタルキンガ
野菜、肉、魚など素材本来の味を引き出します。上質でクセがなく西洋料理はもちろん中華、日本料理にも幅広くお使い頂けます。

Dell A90(mini9)でXPとLeopardのデュアルブート成功

やっと出来たよ。
XPとLeopardのデュアルブート!

何度と無くインストールを繰り返し、やっと完成~

最終的に動作した手順をまとめてみました。
※環境により動作しなかったり、環境を壊してしまう場合が有るため、あくまでも参考程度にして
下さいね。

■用意するハード
1,32GBのSSD。(Buffalo SHD-DI9M32G)
2,2GBのメモリ。(Transcend JM800QSU-2G)
3,WinとMacで利用可能なDVDドライブなら何でもOK。(Buffalo DVSM-P58U2/B)

■用意するソフト
1,MacOSX Leopardのリテールディスク
2,type11 ver7.9のISOイメージをダウンロードし、CD-Rにライティング。
  ※ver8.01でも問題ないです。
3,WindowsXPのインストールディスク(A90に付属のリカバリディスク)
4,DELLEFI
5,chain0
6,各種ドライバ
  1) Kext Helper
  2) 0x27ae.zip
  3) Archive.zip
  4) maka0116.zip
  5) IOSDHCIBlockDevice.kext

■参考にさせて頂いたサイト
1,mini9 @ ウィキ
2,* la casa de nieve *
3,yebo blog
4,appletea::blog
5,SadayukiのBlog

■作業手順

1,CDに焼いたtype11をDVDドライブにセットして、電源ON。
  起動途中で2キーを押してBIOS起動。 DVDドライブを優先起動の設定を行う。
  その後、type11から起動させる。

2,ブートローダが表示されたらLeopardリテールディスクと入れ替える。

3,プロンプトに「9f」と入力し、エンター。

4,ブートのカウントダウンが表示される。 即、F8キーを押し、再度boot:プロンプトを表示させて
  今度は、「9f -f」と入力し、エンター。
  しばらく待つとMacのインストール画面が表示される。

5,言語選択画面が表示され日本語を選択

6,タスクメニューで、ディスクユーティリティを起動。

7,一端、全てのデータを消去し、パーティション設定を行う。
  パーティションは2つに分割。
  先頭にMac領域、後方にWin領域にした。
  もちろんMac領域はHFS拡張(ジャーナリング)を指定。
  Win領域はfatを選択。
  ディスク領域の下に、「オプション」ボタンがあるので、GUIDパーティションを利用する、を選
  択。
  ディスクユーティリティを終了。

8,インストーラの手順に従って、インストールを進めて行く。
  構成をカスタマイズして、不要な言語環境や、プリンタドライバは削除。
  ここを怠ると、UPDATEする際にディスク容量が足らずにエラーが出ます。

9,インストールに約1時間程度掛かりますが、しばし我慢。

10,全ての作業が終わると「インストールに失敗しました」とのメッセージ。
  焦らず、強制電源OFF。 ※再起動を行わず、本体電源ボタンを長押しして強制OFFさせる。

11,再度、type11より起動させ、プロンプトで「80」を入力
  2回要求されるが、2回目は「80 -f」を入力。
  SSDにインストールした領域から起動を行います。

12,Leopardが起動したら、最初の設定を行う。

13,この時点では、有線・無線が利用できます。
  OSX 10.5.6などのアップデートを済ませてしまう。
  ただし、SSDの容量の関係で一気に実行は出来ないため、先ずOSX 10.5.6以外のUPDATE
  を行い、再起動。
  「11,」の方法で、SSDから起動させて、次に「OSX 10.5.6」へUPDATEさせる。
  これは、「OSX 10.5.6」にUODATEすることにより、無線が死んでしまうからです。

14,再度「11,」の手順で起動させる。

15,ここで、各種デバイスの設定を行います。
  1) サウンド→Archive.zipの中のALC268_Installer1でインストール
  2) Wi-Fi→Archive.zipのbcm43xx_enabler.shを実行 sudo ./bcm43xx_enabler.sh
  3) maka0116.zipのWind.Layoutを/Library/Keyboard Layoutsにコピー。 その後、ことえり
    環境設定のキーボード配列をWindに変更
  4) グラフィック→0x27ae.zipの3つのkextファイルをKext Helperにドラッグし、インストール。
    その後、sudo vi /Library/Preferences/SystemConfiguration/com.apple.Boot.plistを編
    集。
    ==============================
    <key>Graphics Mode</key>
    <string>1024x600x32</string>
    ==============================
    を追加。
    ※表示の関係で「<>」は全角にしてあります。 実際には半角にて入力する。
  5) カードリーダー→IOSDHCIBlockDevice.kextfc1.zipのIOSDHCIBlockDevice.kextをKext Helper
    にドラッグし、インストールする。
    完了したら再起動。

16,「11,」の手順で起動させる、全てのデバイスが動くことを確認。

17,次にWindowsXPのインストールです。
  機器付属のリカバリディスクにてインストール。
  DVDドライブにセットして起動。
  Macのパーティション設定で後方に設定したfat領域にXPをインストールします。
  Winのインストールでは、パーティション関連は一切変更せず、インストールする領域のみ再
  度fat32でフォーマットさせインストールを完了させる。

18,Winのインストールが完了したら、あらかじめGETしておいた「chain0」をCドライブの直下に
  置き、boot.iniを編集。
  最終行に「c:\chain0="Mac OSX"」。
  ""内の文字列は何でも構わない。  わかりやすい文字列でOKです。

19,ここからが、悩んだところです。
  type11 ver7.9付属のminiscriptでは、エラーが出てしまい正常に起動させられませんでした。
  USBにBootLoaderを入れる方法もあるが、スマートに起動させたい。
  先駆者たちは、type11 ver7.9付属のminiscriptで設定できているみたいだが、「Applescript Error
  mount_hfs: Invalid argument(1)」のエラーがでてしまい、失敗する。
  ターミナルから「diskutil eraseVolume "HFS+" "EFI" /dev/disk0s1」を実行することで回避で
  きている人たちも居るようだが、こちらの環境ではダメでした。
  ネットで情報収集していると、「DELLEFI」を実行することで回避できるかも?との情報。
  早速「DELLEFI」を実行。
  「DELLEFI」実行時に、Quiet bootを指定すると色々と問題が発生することが多いようだった
  ので、EFIと2finger Scrollのみ指定して実行。
  完了したら、再起動。
  先ず、WindowsのBootLoaderが立ち上がり、「Win」と「Mac」の選択ができる。
  当然「Win」を選択すればWinが起動する。
  「Mac」を選択すると、syslinuxが起動するのかな?
  3秒のカウントダウン後、Leopardが無事起動!

  ちなみに、3秒のカウントダウン時にエンターを押すと、WinとMacの選択が出てきます。
  Winを選択すると、WInのBootLoaderが再度出てきます。
  BootLoaderで誤ってMacを選択しても、syslinux側でWinに戻れます。

インストール後、一通りMacの操作を行ってみましたが、9インチ画面では小さすぎて使いにくい~
また、SSDの性能の問題ではあるが、モッサリした感じ
OSのUPDATEを行うと、都度ドライバを入れ直す必要が出てくるので面倒
でも、ちょっと使うには充分かな??

今回は、デュアルブートの確認を行うため一時的にMacをインストールしたが、通常利用はちょっ
と難しいと思います。
やっぱり、Apple純正のNetBookを出して欲しいですね~
画面は最低でも10インチは欲しいかな~

投稿時間: 01:39

DELL Vostro A90(Inspiron Mini 9同等)のデュアルブート

週末を利用してデュアルブートに挑戦してみた。
もちろん、Win&Macのデュアルブートです。

MacのインストールでMac用パーティションを触ると、Winが死んでしまう・・・

インストール方法が間違っているのかな~~

投稿時間: 15:43