2012年11月のアーカイブ

Search




TOPページへ

このブログのフィードを取得
[フィードとは]

Powered by
Movable Type 4.23-ja

template by tokyobuddha

 ■■■■■免 責■■■■■
このサイトを参考にしたために発生した一切の損害に「てきとー管理者」は一切関知しませんし、補償もしません。 また、本サイトの記述が正しいことも保証しません。
自己責任にてお願いします。
 -------------------------

Galler Chocolate
ベルギー王室御用達として認定されたチョコレートブランド、ガレー。

岩塩ならクリスタルキンガ
野菜、肉、魚など素材本来の味を引き出します。上質でクセがなく西洋料理はもちろん中華、日本料理にも幅広くお使い頂けます。

Raspberry Pi のredsleeve

先日RaspberryPiにRedHat互換のredsleeveをインストールし、基本的な設定まで完了
していたが、死活監視サーバ(Nagios)として設定を行おうと思ったら、gccやらccが用意
されていない・・・
クロスコンパイルしか方法が無いのかな〜〜
嗚呼、めんどくえー

投稿時間: 19:03

もう1台の Raspberry Pi が到着

ModMyPiに注文したRaspberry Piが到着した。
先に購入したRaspberry PiはNagiosサーバにする予定だが、こちらはどうやって調理しようか・・・・

投稿時間: 01:12

iPhone3GSのバッテリー膨張。

嫁がiPodの代わりに使っていたiPhone3GSが突然充電ができず、PCとの同期も出来なくなったとクレーム!!
実物を見てみると、背中が盛り上がってる。 そして液晶の部分も内側から押されている感じがする。

恐る恐る分解してみたら、バッテリーが膨張して基盤が歪んでる。
相当パンパンな状態なので、破裂しないように慎重に基盤を抑えているビスを外してみた。


iphone-battery.jpg

これって、爆発寸前って事??

投稿時間: 18:35

cloudflare.comからのDNS問い合わせ

ここ最近、cloudflare.com(173.245.59.118)からDNS問い合わせが300セッション以上張られていることがある。
なんとなくnetstatを実行して気がついたのだが、何時間も接続されたままの状態。
いったい何をやっているサーバなのだろう??
サイトにアクセスすると、日本語のページが存在したので詳細を確認してみると、サイト閲覧を高速化させる仕組みらしい。
簡単に言うと、キャッシュサーバーなのかな??

意味もなく長時間に渡り接続しているので、むかついたので接続を拒否してやったw
接続拒否することで、どんなことに影響するのかな??


投稿時間: 18:37

redsleeveが起動した。

redsleeveを起動させたくて何度もDLしてみた。
WinでDLしたり、MacでDLしたり。
LinuxでwgetでDLも試みたが、全て起動しない現象が生じている。
もしかして、SDカードへのDD方法が悪いわけでも無く、DLが悪いわけでも無く、単純に配布しているarchiveが壊れているような気がしてならない・・・・。
そこで、起動するFedoraとRedsleeveのboot部分を見比べてみた。
おおよそ同じ感じたが、若干構成が異なるような気がする。
バイナリデータもあるので、比べようがない。
そこで、Fedoraに存在し、Redsleeveにあるものを差し替えてやってみた。

一番怪しいのは、bootcode.bin
Fedoraからbootcode.binを抜き出し、Redsleeveに入れてみた。
 ※Redsleeveのbootcode.binは念のためリネームしておいた。

差し替え完了後、SDカードをセットして電源OK!

ビンゴ!

このためだけに、数日間悩みに悩んだ。

でも、起動出来ている人たちと何が違うのだろうか???

投稿時間: 23:01

どうしてもredsleeveを動かしたくて〜

もう1台購入したことを考えると、慣れているRedhat系を安定稼働させてみたい。
Fedora17でも良いけれど、systemctlに慣れない・・・・

そこで、現在の構成(SDカードでboot、USBHDDにその他の領域)でUSBHDDだけを
redsleeveに入れ替えて(実際には異なるUSBメモリに入れてみた)起動してみた。

エラーは出るが起動した。
それもredsleeve 6.1 として表示されている。

って事は、redsleeveのboot部分に問題が有るようだ。

もしかしたら、なんとかなるかもしれないぞ!!

投稿時間: 00:54

衝動的に Raspberry Pi をもう1台注文

突然、2台目のRaspberry Piが欲しくなった。
今回はModMyPiにて注文。

ついでに「pIO - Raspberry Pi microSD Card Adaptor」も2枚注文。

本当はpIO - Raspberry Pi microSD Card Adaptorだけの予定だったが、Raspberry Piも一緒に購入してしまった。
どちらが本命か分からない・・・・w

投稿時間: 12:02

MK808を衝動買い

先日Raspberry Piの調査をするためNetを徘徊していたら、MK808と言うデバイスを見つけてしまった。
これは、Android端末になるらしく、HDMI接続で遊べるらしい。
MK802の存在は知っていたが、最近ではOSを入れ替えて使っている人たちが多いらしい。

こんな情報を知ってしまったら、買わないわけがない!!

迷わずAmazonで購入手配。

それは、昨晩届いていたが封を開けずにそのまま放置。

先ずはRaspberry Piを安定的に利用できるようにチューニングしなければ。。。

投稿時間: 01:03

Raspberry PiでBootのみSDカード

Raspberry PiにFedora17をインストールしたのだが、色々ネットで検索していると、SDカードのトラブルが多いらしい。
この端末は遊び用というよりは、低電力の死活監視サーバにしようと考えている。
※Nagiosをインストール予定

監視対象が増えればログの書き込みも増えるし、死活監視以外にもSSHの踏み台等々にしたいので、安定して利用出来る環境が欲しい。
SDカードでの運用では、いつ壊れるか分からない・・・・

そこで、BootのみSDカードに担当させ、その他はUSBのHDDにやらせることにしてみた。

/boot の中身を見てみると
arm128_start.elf
arm192_start.elf
arm224_start.elf
arm240_start.elf
bootcode.bin
cmdline.txt
config-3.2.27-1.20120926git9245b4c.rpfr17
config.txt
config.txt.hdmi_nooverscan
config.txt.hdmi_overscan
config.txt.ntsc_japan
config.txt.ntsc_northamerica
config.txt.pal
config.txt.pal_brazil
grub
kernel.img
start.elf
start.elf.desc

こんな感じ。

適当に中身を覗いてみると cmdline.txt にroot=/dev/mmcblk0p2 と言う記述が有る。
この部分を USBHDDに合わせてあげれば起動出来るはず。

そこで、現在のイメージをDDを使ってバックアップする。
dd if=/dev/disk1 of=fedora17-20121105.img bs=8m

こんな感じでバックアップして、USBHDDにDDで展開する。
dd if=edora17-20121105.img of=/dev/disk1 bs=8m

展開できたら、USBHDDを接続してSDカードで普通に起動してみる。
起動できたら、dmesgにてUSBHDDがどのように認識しているか確認する。

今回の例では /dev/sda2 で認識しているので、先程の cmdline.txt の root=/dev/mmcblk0p2 を
root=/dev/sda2 に書き換えてreboot

これで、bootのみSDカードに担当させ常に書き込みが実行される/boot以外の部分はUSBHDDで運用出来る。
但し、Raspberry PiのUSBは500mA程度の出力しか無いらしいので、別でバスパワーを供給出来る環境が必要らしい。

投稿時間: 01:01

Raspberry Pi の調理方法

Raspberry Piでは幾つかのLinuxをインストールすることが出来るらしい。
Raspberry Piで用意している「Raspbian」
チューニングを施しているので、GUIも速いらしい。
しかし、ベースがDebian。
ちょっと苦手なんだよね。

慣れているRedhat系で探していると、Fedora14や17。 そして、RedhatのARM版としてredsleeveなるものが有る。
試しにredsleeveを焼いてみるが、起動しない。
方法を変えたり、SDカードもいくつか試したがNG!

諦めてFedoraにしようとするが、17ではserviceが廃止になりsystemctlに切り替わっている。
今まで作成してきたスクリプトも書きなおさなければならないが、今後Redhat系OS(CentOS含む)
もこの内容に切り替わっていくのだろう!!
って事は、今のうちに慣れるしか無いな・・・・

ってことで、ARM版で最新のrpfr-17-xfce-RC3.zipをDLしてきてSDに焼いてみた。

一発で起動!

何を入れて遊ぼうかな・・・・

※でも、なんでredsleeveが起動しないのだろう??

投稿時間: 19:07