2013年10月のアーカイブ

Search




TOPページへ

このブログのフィードを取得
[フィードとは]

Powered by
Movable Type 4.23-ja

template by tokyobuddha

 ■■■■■免 責■■■■■
このサイトを参考にしたために発生した一切の損害に「てきとー管理者」は一切関知しませんし、補償もしません。 また、本サイトの記述が正しいことも保証しません。
自己責任にてお願いします。
 -------------------------

Galler Chocolate
ベルギー王室御用達として認定されたチョコレートブランド、ガレー。

岩塩ならクリスタルキンガ
野菜、肉、魚など素材本来の味を引き出します。上質でクセがなく西洋料理はもちろん中華、日本料理にも幅広くお使い頂けます。

null character の問題

お客様からメールが送信できない。
特定の人に対して遅れないぞ! っと、お怒りの連絡が来た。
色々事情を聞いてると、Symantecのシステムを組み込んだメールサーバに対して
送信出来ないらしい。

相手方(メールサーバの管理者)からは、qmail null caracterだからなんとかしろと
の指示らしい。
でも、qmail使ってないし、今まで同様のMTAでこんな問い合わせ無いしな〜〜
っと、クレームをつけてきたお客様に確認した所、メール配信のCGIを使った場合に
この現象が出るらしい。
通常のメールクライアントでは出ないとの事・・・・

メール配信のCGIがおかしいんじゃない〜〜   と思いながらも、色々調査。

qmailではパッチを当てないとこの問題が出るらしいのがが、postfixでも送信の
仕方によっては同じような症状が出るらしい。
 ※古いメールクライアントでは出ることが有るらしいが・・・・

対応策も分かったので、早速対策の実施。

main.cf に対して次のいずれかを追加すれば良いらしい。

message_reject_characters = \0 →NULL文字が含まれていたら受信拒否する。
message_strip_characters = \0 →NULL文字が含まれていたらNULL文字を削除する。

今回の場合はNULL文字を削除すれば良いので、「message_strip_characters = \0」
を追加。

設定完了のお知らせをお客さまに伝えたが、音沙汰なし・・・・w


参考サイト
 http://www.postfix-jp.info/trans-2.3/jhtml/postconf.5.html

投稿時間: 21:36

spamassassinの添付データ問題

特定のメールがたまに届かないと言う現象が発生している。
色々調査するとログに

skipped message, greater than max message size (512000 bytes)

となっている。

ググってみると、spamassassinのバグ? 仕様?
とにかく、対策を打たなければならない


mv /usr/bin/spamc /usr/bin/spamcs  ←  メインのspamcの名前を変更
vi /usr/bin/spamc  ←  実行ファイルspamcの作成

#spamcの内容

#!/bin/sh
/usr/bin/spamcs --max-size=20971520  ←  容量は任意 今回は20MB

chmod +x /usr/bin/spamc  ←  作成したspamcに実行権を与える
chown root:root /usr/bin/spamc  ←  所有権変更


これで、行けるらしい・・・・・

投稿時間: 15:49